前へ
次へ

家づくりには何が一番必要なのか

自分らしい暮らしを楽しむ家づくり、不動産屋の折り込みチラシなどで謳われている決まり文句です。
完成後に住むなら、個性を取り入れながら、それぞれのライフスタイルに合わせた住まいでなければなりません。
10年、20年経っても飽きのこないように、シンプルなデザインにすること、基本的に自然や無垢の素材を使用しましょう。
地震や台風などの自然災害に対する不安も一層高まり、気候や風土、環境も大事に考える不動産屋を選びましょう。
自然素材を使用するということは、メンテナンスが必要になるデメリットもあるでしょうが、手をかけてほしい、こうした建築士が多いようです。
せっかくの家づくり、手をかけるほどに愛着がわき、年月を重ねることで、素敵な家に育つといいます。
そこには家族や友人、人々が集い、いつも笑顔が溢れる家であり、暮らしを愉しむことになるのではないでしょうか。
コンパクトでありながら開放感溢れるプラン、狭小地でもこうした家はつくり出せます。

Page Top