前へ
次へ

親の所有していた土地を相続して売却するとき

元々田舎に住んでいて、その後就職のために都会に出てくることがあるでしょう。
親と離れて暮らしていて、その後親が亡くなれば子供が親の資産を相続します。
これによって親の持っていたお金や不動産は子供等が受けることになりますが、田舎の不動産を売却するときに何をしないといけないかです。
まずしておきたいのが所有権移転登記になるでしょう。
親が所有していた不動産は親が登記をしているでしょう。
そのままでは売却することはできず、まず自分自身が所有者であるための所有権の変更を行います。
所有権の変更ができれば、その後は売却をする相手を探して売買の手続きを行います。
売買の手続きが終われば売却相手に対して所有権移転の手続きをしてもらいます。
これが完了すれば無事売却が終わります。
登記関係の手続きに関しては司法書士などに行ってもらった方が良いことも多いので事前に相談をしておくと良いでしょう。
自分で登記の手続きをするのは大変かもしれません。

東京 リノベーション
不動産のリノベーションお任せください

近隣に人や通る人たちに感動と驚きを与えます
周囲とは一味違う外構にしたい方はおススメです

一人暮らしスタートにピッタリな賃貸物件
初期費用を抑えられるので学生様にピッタリです

ちょい借り倉庫
http://nishiosaka.co.jp/choigari/

Page Top